市民団体リンク 


 最近の動き 

2018/1/18(木) 倶知安町で「本多さんと語る会」

 「市民と野党の共闘を求める後志住民の会」の主催で倶知安町で21名の参加で初めて開催しました。

 立憲民主党の「原発ゼロ法案」や「JR問題」、「憲法改正」、「貧困対策」(ベーシックインカムの導入の是非など)、「地方自治」(道州制や外国人の土地取得の問題など)、「日米同盟」(沖縄米軍基地や日米地位協定など)、「北朝鮮ミサイル問題」、「今後の野党共闘」など、実に多方面にわたって活発な意見交換が行われました。右のPDFは「原発に関する本多さんとの質疑応答をまとめたもの」です。

(参加した手稲の公平さんの報告です)



【2017/10/19(木)】蘭越町での本多平直候補の街頭演説

人口比を考えたら今までで一番多い聴衆かも。(参加した手稲区・公平さんの報告)


2017/9/30(土)ニセコ町で「市民と立憲野党の共闘を求める後志住民の会」の結成準備会

 会議には「後志・原発とエネルギーを考える会」のメンバーを中心に14名が参加し、衆院北海道4区において立憲野党の統一候補擁立を求めることと、立候補予定者に以下の申し入れを行うことを確認しました。

・安保法制(戦争法)、「共謀罪」法、特定秘密保護法の廃止

・憲法改悪を許さず、とりわけ憲法9条の改悪に反対する

・泊原発の再稼働を許さず、原発ゼロの日本を目指す。 


2017/7/11(火) 余市で共謀罪に反対する緊急宣伝行動

 7/11、余市町で「STOPアベ政治 共謀罪に反対する緊急宣伝行動」が行われました。余市駅前の国道5号線・229号線交点の十字街に約50名が集まり、それぞれの思いをプラカードや横断幕、スピーチで訴えました。

 共産党の佐々木明美さん、民進党の本多平直さんの秘書・和泉さんも駆けつけて下さり、「野党共闘で安倍自公政権を倒そう!」と皆で気勢を上げました。

余市町で野党共同の街宣が行われたのは、私が知る限りでは初めてだと思います。手稲区、小樽市、余市町と、4区の野党共闘の輪が広がっていくことを大変嬉しく感じました。(手稲区から参加した公平さんからの報告です)


2017/5/27(土)余市で『憲法九条と安倍政治-市民と野党の共闘を考える-』集会

 余市九条の会が主催した『憲法九条と安倍政治-市民と野党の共闘を考える-』に「手稲区民の会」と「市民の会・小樽」の仲間とともに参加してきました。 講師は市民の風・北海道が誇るユニット・『フミオ&シゲオ』です。

 「10年の歴史がある余市九条の会として、次の一歩を踏み出す時になっている」と、頼もしい決意がありました。


ドメイン:do-heiwasimin.net

管理運営:「戦争させない市民の風・北海道」事務局

HP-mail:doheiwa@gmail.com (情報の提供や掲載情報の訂正などについてお知らせください)