■2018/5/11(金) 全国一斉自民党前抗議集会

18時から自民党北海道支部連合前です。普段見かけないメンバー、そして若い人が多かった。みんな怒っている!



■2018/4/27(金) 戦争をさせない北海道委員会の総がかり行動

 27日の夜は道・総がかり行動。桜が咲いたというのに・・・寒い札幌でした。(右資料は赤旗(2018/4/28))

■2017/8/24(木)「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動で

 8/24(木)夕方は「戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動です。あいにくの雨でしたが「オスプレイを使った日米共同訓練」に反対する集会とデモに参加。

 道民にはまったく秘密裏に行われている米軍主導の訓練に一層の怒りが湧くとともに、こんな危ないオスプレイが毎日飛んでいる沖縄の痛みを感じました。戦後72年、情けないことに日本はまだ米国の支配下なのです。


■2017/8/3(日) 公開対談『メディアと政治、そして市民。』


■2017/8/6(日) 原水爆禁止札幌集会のダイ・イン


■2017/7 札幌チカホで開かれている「平和パネル展」

 

 「札幌市」主催で協力は「平和首長会議」と「安曇野ちひろ美術館」です。

 札幌市平和都市宣言25周年記念事業で16日(水)まで開かれています。小学生・中学生の平和へのメッセージがどれも秀逸です。各区民センターロビーでも9日(水)まで「原爆パネル展」をしています。札幌市、やるじゃん!とても嬉しくなりました。



■2017/7/23(日) 今井一さんを迎えて「国民投票」学習会

 講師はジャーナリストの今井一さん。選挙は物事を決定し執行する人を選ぶもの、国民投票は事柄そのものを有権者自らが決めるもの。ほぼ同じ時期に同じ国(地域)で行われた選挙と国民投票が真逆の結果になることもある。国民投票から逃げるのではなく、主権者の意思表示の手段として積極的に利用すべき! 40名ほどの参加者で活発な議論が行われました。(髙橋さんのfbから)


■2017/7/19(水) 『戦争をさせない北海道委員会の総がかり行動』

 7月19日(水)18:00からの札幌大通4丁目から始まる『戦争をさせない北海道委員会の総がかり行動』です。みんな共謀罪法強行採決の悔しさを決して忘れてはいません。(今日は最近にない集まり具合でした)

 前段17:30からは近くの三越前で、市民の風・ライブ隊が歌(「もり・かけヨーデル」「安倍じゃダメでしょう」など)+踊りのパフォーマンスをしました。最近、恒例となってきました。


■2017/6/15(木) コッカイオンドク札幌


■2017/6/13(火)・15(木) 総がかり行動 「強行採決こそ”テロ”だ」


■2017/6/12(月) 連合・北海道の「共謀罪」反対集会(大通4丁目)


■2017/5/29(金) 共謀罪法案、参議院本会議審議入りに「緊急総がかり行動」で抗議


■2017/5/25(木) 「止めよう!辺野古埋め立て 共謀罪は廃案に!」総がかり行動

 25日は18:30から大通3丁目公園で「止めよう!辺野古埋め立て、『共謀罪』は廃案に!」をスローガンにした、戦争をさせない北海道委員会の総がかり行動です。

 今月に入って、毎日のように続いている集会・デモパレードで、皆さん、かなり疲れていると思いますが、めげずに大勢集まりました。私もそうですが、”こみあげる怒り”です。

 今日のゲストスピーカーは沖縄平和運動センターの山城博治議長。さすが、権力者に恐れられる凄いアジテーターです。


■2017/5/24(水) 決して諦めない!

 決してあきらめない!手稲は今朝(24日)から反撃です!JR手稲駅自由通路あいくるで佐々木明美(共産党)さんと一緒です。本多平直(民進党)さんは同時刻に稲積公園駅で街宣をしています。


■2017/5/23(火) 共謀罪法案、衆議院本会議で強行採決!

 共謀罪法案、今日23日午後に衆議院本会議で強行採決。

 国連のプライバシー権に関する特別報告者から「これだけ拙速に、深刻な欠陥ある法案を通すことは絶対に正当化できない」と指摘されている中、459票中、賛成が338票(73.6%)とは。

 恥ずかしい国会、情けない日本そして日本人。

 民主主義や良識が壊れている-

 明日早朝から反撃開始だ!!



■2017/5/19(金) 自民・公明・維新が衆議院法務委員会で共謀罪法案を強行採決! 怒・怒・怒


■2017/5/16(火) 「共謀罪」法の狙いはテロではなく国民監視だ!(大通4丁目集会)


■2017/5/1(月) 第88回全道メーデー大会

第88回全道メーデー大会に参加。管理職で非組合員時を含めて可能な限り参加してきたけど・・・昔から見ると、参加者数はかなり寂しい。全労連系は今年も中島公園で独自メーデー。せめてメーデーは一緒にやれないものか、競い合って組織量・率・運動が広がっているのならともかく、真逆なんだから…。  

 引き続いて開いた市職連のメーデーで組織内の村上裕子市議会議員(中央区・民進党)が「共謀罪反対の行動を市民の風、共産党の皆さんと連日行っている」と報告。嬉しかった、頼もしかった。さすが自治労の議員だ。引き続き頑張って!(手稲・大平さんのfbから)


■2017/2/11(土) 「紀元節復活反対2・11道民集会」

  ススキノのさらに南の「ライフォートホール」で、交通便が悪い会場でしたが満席でした。記念講演は室工大の清未愛砂准教授で、専門の憲法学者として、また一キリスト者として現在の危機的状況の訴えがありました。現在、室工大の一部で防衛省に研究資金を申請しょうという動きがあることに対して、研究者としては決して許せない。断固として闘う、と強い次意表明がありました。


2017/1/27(金) 南スーダンの現状―JVCスーダン事務所代表報告講演

 「駆け付け警護が付与された青森隊が南スーダンに着任した時の現地新聞一面に『市民を守る任務を持ってきた』と書かれていた。駆け付け警護が誤解されて報道されている。これで市民を助けなければ逆恨みになる。日常起きている略奪は給料などが満足に出ていない政府軍がしている。そこに”駆け付け”たら政府軍との抗争になる」「派遣されている自衛隊は国連PKO部隊の一部。駆け付け警護もPKO本部の指示なしではできないし、指示を待っていたら”駆け付け”はできない」・・・

 南スーダンの実態と自衛隊のPKO派遣の矛盾を日本国際ボランティアセンター(JVC)スーダン事務所代表・今井高樹さんの報告講演( 2017.1.27 札幌市民ホール)です。講演会に参加されたお二人から「医療や建設支援で南スーダンに行っていた」との報告にびっくり、危険極まりない南スーダンにこの北海道から・・・心からの敬意です。 


■2016/11/15(火) 「南スーダンPKOに対する駆け付け警護付与」閣議決定に怒りの緊急抗議行動

 5日は昼・夕と、「南スーダンPKOに対する駆け付け警護付与」の閣議決定に怒りの緊急抗議行動。昼は雨、夜は雪・・・11月の札幌は寒かった。それにしても、国連の事務総長特別顧問が「南スーダンの内戦は民族大虐殺に発展する恐れがある」と強い懸念を示しているのに、安倍さんや自民党・公明党は自衛隊員の命をどう考えているのか。



■2016/9/19(月) 「戦争法・強行採決」一周年抗議集会(札幌・大通3丁目)

 11時から大通3丁目で9.19「戦争法・強行採決」一周年抗議集会。

雨にも、連休中にもかかわらず、大勢の方が参加。

 野党共闘のシンボル・池田マキさんも元気に力強い挨拶! この後、札幌駅まで行進しました。

 

 

▶「ピースキャンドル9.19札幌」のビデオです。 

 


■2016/9/17(土) 全道6カ所で「南スーダンへの自衛隊派遣、いますぐ中止・撤退スタンディング」

 9月17日には「ピースアクションちとせ」と「市民の風・北海道」の呼びかけで、全道6カ所(千歳、札幌、旭川、釧路、網走、根室)で実施しました。

 陸上自衛隊北部方面総監部前に30数名の方々が参加。現職自衛隊員のお母さんもマイクを握り、胸の内を訴えられました。19日(月)の「報道ステーション」で放映。

 霧雨の中、「ストップ!戦争法網走の会」17人の参加で新しく作成した横断幕を掲げて実施。昨年5月から宣伝行動、デモ、署名行動、講演会など活動を続けている市民組織です。

 9.17スタンディング旭川有志のみなさんによって、 大イベント「食べマルシェ」が開催された平和通買物公園で午後6時半から実施。



■2016/9/16(金) 2016年「北海道高齢者の集い」

 2016年の「北海道高齢者の集い」。阿部日本退職者連合会長からは「野党候補の一本化は進めるべき」「昨年、九州ブロックの集会を沖縄で開き、辺野古の座り込みに参加した。沖縄と同じ気持ちで運動を進める」と意気軒高!

 集会後は「9条守れ」「年金・介護・福祉削減するな」と、杖をついている先輩たちを含めたデモ行進。(※「パレード」ではない!)

 連合のOB・OG組織だけど、総評・社会党のDNAを引き継いでいる心強いシニア・シルバー集団です。

(写真→は平均年齢が何と80歳の合唱サークル)


■2016/8/16(火) 「8.19戦争をさせない北海道委員会」総がかり行動

ドメイン:do-heiwasimin.net

管理運営:「戦争させない市民の風・北海道」事務局

HP-mail:doheiwa@gmail.com

 

「市民の風通信」 ----------------------------------------------------------