2016/5/3(火・祝) 『補選の後には本選が来る!』、イケマキの凄み

憲法施行69周年!「安保関連法」廃止&守ろう憲法集会(2016.5.3 札幌大通3丁目)

2016年メーデー

元気一杯のイケマキから「24日は言えなかったけど、今日は言わせてもらいます。メーデー万歳!」



2016/4/24(日) 5区補選、12,325票差で惜敗!

残念な結果でした。

でも、一緒に頑張った仲間との『残念会』は大盛り上がり。

「選挙運動なんて初めてだったけど、とっても楽しかった」

「仲間が出来て嬉しい」

「今回は練習、これからこれから」

「次は絶対にイケマキを国会に送るぞ!」

 ついには

「イケマキを総理に!」の声まで・・・

素人・市民集団、ますます元気です。

 「市民の風」と仲間たちによる道5区補選の総括会(2016.5.13)

 喧々諤々、皆さん「しゃべる」「しゃべる」「しゃべる」・・・

熱は冷めない- さあ、本戦(本選)だ!

【北海道5区補欠選挙】

朝も晩も寝る間も惜しんで「私の選挙だ!」と、必死になって、一緒に闘ってくださった皆さん、

心の底から本気で応援いただいた全国の皆さん、

想いや願いを込めて投じてくださった皆さん、

本当にありがとうございました。

結果は、力及ばず、本当に申し訳ありません。

本当に、悔しくて、悔しくてなりません。

 

この1票1票には、私たち市民の想いがいっぱい詰まっています。

 

誰ひとりおいてきぼりにしない、すべての人が「安心」できる社会をつくるため、「夢をもっていいんだ」、「みんな、チャレンジできるんだ」ということを私、池田まきが挑戦することで、「生きる希望」に叶えたい、

その強い想いでこの選挙戦、どんな理不尽な力にも負けず闘ってきました。

「見えない生きにくさ」という社会の課題も顕著になったと思います。

この課題については、権利を擁護する福祉の専門家として、必ず、みんなが夢や希望が持てる社会へ、道をきり拓いていきます。

 

また、今回の選挙は、市民が主体的に参加し、そして動いた、初めての市民選挙でもありました。

市民ひとり一人の力は小さいかもしれないけど、みんなが動き、つながれば、必ず何か変わるという、大きな、大きな、はじめの一歩になったと思います。

 

このことをすべての市民の「勇気」にしたい。

そして、日本にいるすべての人の「希望」に変えたいと思います。

本当に皆さん、ありがとうございました。

 

池田真紀はあきらめません。

諍いのない、争いのない、暴力・武力・権力に怯えることのない、すべての人が「安心」して「あたりまえ」に生きていける「平和」な社会を。

一市民として、一ソーシャルワーカーとして、池田真紀として、私に託していただいた願いや想いを実現する道を見つけていきます。

 

また、このことは新しい政治へのスタートラインでもあり、この出発点を大事にして、皆さんの想い、大切な財産を政治にも反映していきます。

 

ありがとうございました。

 

無所属新人 池田まき 123,517票 

投票率 57,63%




2016/4/16(土) 女性議員大応援(新さっぽろ・カテプリ前)

 民進党:蓮舫代表代行、山尾志桜里政調会長、辻元清美役員室長

共産党:紙智子常任幹部会委員

最強・豪華な女性議員メンバーの応援でした。

 



2016/4/17(日) 「市民の会」主催の講演会に二見伸明公明党元副委員長が応援

 「安倍政治に対決、5区補選で問われるもの」講演会(4月17日・札幌エルプラザ・戦争させない北海道をつくる市民の会主催)で二見伸明公明党元副委員長は「私は茨城で市民連合の共同代表になった。保守系であった多くの元首長たちも、このままではいけないと立ち上がっている。昨年のシールズが刺激になった」の報告に参加者からは驚きの声と拍手でした。


2016/4/17(日) 石狩市・花川南の個人演説会に二見伸明公明党元副委員長が応援

4.17個人演説会(花川南コミュニティセンター)

公明党元副委員長の二見伸明さんと民進党・横路孝弘さんが応援に。二見さんからは「公明党は平和と福祉の党だった。今は違ってきている。公明党員、創価学会員は悩んでいる。優しく語りかけて欲しい」との訴えがありました。


2016/4/17(日) イケマキ緊急大応援会


2016/4/16(土) 恵庭市民会館での個人演説会に亀井静香さんが応援

 16日18時からは恵庭市民会館で個人演説会。なんと、亀井静香さん(警察官僚から衆議院議員(13期)に。 運輸大臣・建設大臣、自由民主党政務調査会長、国民新党代表、内閣府特命担当大臣(金融担当)などを歴任、現在は無所属)が応援弁士で来道。

 現在の自民党の非民主性・危うさを訴え、これからは市民が前に出るべきだと熱弁されました。


2016/4/16(土) 「投票に行こう!」のラインスタンディング

 本地震で亡くなられた方への黙祷後、「投票に行こう」のラインスタンディングを南郷通、12号線でしました。これから期日前投票に行くというご婦人から「イケダ・マキ・へ」と言われ、嬉しさ一杯でした。


2016/4/13(水) 石狩市・生協花川店前 偶然でしたが室井佑月さんが参加者の中に


2016/4/13(水)~15(金) 選挙区外ですが、石狩市に帰る有権者に向けて麻生駅スタンディング


公職選挙法の公然たる差別。

 党公認じゃないと、候補者の条件がどうして悪くなるのか?

 民主的でない! 悪法だ! が、愚痴ってる時間はない。

 残り11日間で、この差別にも討ち勝つしかない!


2016/4/12(火) 告示です!


2016/4/11(月) 本番前日、市民の総決起集会

決戦前夜!

本番中に「出来ること」「やらねばならないこと」などを真剣に相談しました。

衆議院北海道5区補欠選挙<札幌市厚別区・江別市・千歳市・恵庭市・北広島市・石狩市・当別町・新篠津村>は12日(火)告示、24日(日)投票日です。


2016/4/10(日) 池田まき・鳥越俊太郎 街頭演説会


2016/4/7(木) 北海道新聞


2016/4/4(月) 北海道新聞社主催の公開討論会


2016/3/20(日) 緊急クロストーク「山口二郎✕上田文雄」「奥田愛基✕池田まき」

 今日の3.20緊急クロストーク「山口二郎✕上田文雄」「奥田愛基✕池田まき」

 参加者は主催者もびっくりの・・・600名。若い人たちも来てくれました。


第二弾は「社会新報」!

 主に千歳市、恵庭市で配布しました。



2016/3/12(土) JR新札幌駅前の野党各党街頭演説

 雪の降る中、野党各党の街頭演説。民主党、共産党、生活の党、市民ネットワーク、そして市民の風。どの党・団体からも、真剣さが伝わってきました。(2016/3/12 14:00 JR新札幌駅前)


2016/3/5(土) 池田まきさんと語る市民集会


2016/2/19(金) 衆議院5区補選「統一候補」勝利のための共闘協定 締結



 1月末から「政党だけに任せられない。今、自分たちが出来ることをしょう」との掛け声で、いらだつ団塊世代たち中心に「戦争をさせない1000人委員会」(別添)のリーフレット1万数千枚を、とりあえず、厚別区・北広島で配布をしました。そして、提供していただいた自家用車にスピーカーを載せて、「戦争法」廃止を訴えています。



2016/1/30(土) すすきの交差点での「戦争法廃止・野党は共闘」の街頭宣伝

 すすきの交差点での「戦争法廃止・野党は共闘」の街頭宣伝、寒かったですが、吹雪にもならずけっこうな数の市民が集まってくれました。山口二郎氏とSEALDsの諏訪原建さんのゲストスピーチに続いて、さきほどの集会でパネリストだった伊勢崎先生もサプライズでスピーチされました。なんといっても圧巻は、最後にスピーチしたユニキタの西ほなみさんの「野党共闘とっととやれよ!」でした。以下は小堀さんのタイムラインに掲載されていた山口先生のスピーチをシェアさせて頂きました。(かわ)

 法政大・山口二郎先生「憲法と民主主義の危機の現在、政治の選択はシンプルなものです。安倍政治を許すのか、止めるのか、です。衆議院5区で野党共闘がうまく行かなければ、参院選に影響します。日本の民主主義の危機の前で政党や団体の利害、しがらみ、いきさつはちっぽけなものに過ぎません。我々はファシズムを繰り返すわけにはいきません。民主政治は政党政治とイコールではありません。市民が動く、声を出す、ということで政党を動かしていきましょう。日本全国が北海道5区に注目している。国民の意思を北海道5区に集約しましょう。もし野党が今回共闘できなければ野党がもう立ち上がれなくなるかもしれない。北海道5区で成功事例ができれば、全国の市民を勇気づけます。これからも何度も北海道に来ます。何としても、安倍政権を止めましょう❢」☆


ドメイン:do-heiwasimin.net

管理運営:「戦争させない市民の風・北海道」事務局

HP-mail:doheiwa@gmail.com (情報の提供や掲載情報の訂正などについてお知らせください)